アフターピル服用の際に気をつけること

★モーニングアフターピルを購入するならここがおすすめです
モーニングアフターピルを扱っている通販

避妊に失敗してしまったという場合、「アフターピル」を活用すれば妊娠を防げるかもしれません。
アフターピルは性交渉後に服用する事で、避妊の効果を発揮するピルの事を言います。
女性ホルモンバランスを変え、子宮内膜を人工的に剥がす事で受精卵の着床を防ぎ、避妊の効果を発揮するのが特徴です。
また、排卵をストップさせ避妊の効果を得る事が可能です。
ただ、アフターピルは毎日服用を続けるピルとは違い、確実に避妊の効果を発揮するという訳ではありません。
服用方法を誤ってしまったり、状況によっては妊娠してしまう恐れがあります。
100%避妊の効果は無いという事は、考慮しておきましょう。
ただ、正しく服用すれば約96%という高い確率で、避妊の効果を発揮します。
アフターピルの場合、72時間以内・12時間後といった時間がキーポイントです。
性交渉があった72時間以内に、1回目の服用を行った後12時間後に2回目の服用を行えば、避妊率は96%となります。
また、あるデータによると最初の服用を、性交渉の12時間以内とすれば、より避妊の効果がアップするようです。
正しいタイミングで服用すれば、通常のピル程では無くても避妊の効果を得られます。
望まない妊娠を避ける為にも、万が一の時はアフターピルを活用しましょう。
この他に服用の際に気を付けたいのが、副作用の存在です。
アフターピルとしてホルモン剤が、中用量となっているピルを使うケースも少なくありません。
ホルモン剤が多く含まれていればいる程、服用後ホルモンバランスが急激に変わり、副作用を起こしやすくなります。
吐き気や頭痛、腹痛といった副作用が起こるケースがあるので、この点も注意しましょう。