アフターピルを飲む時間時期は前?

アフターピルは緊急用の服用に適しています。
基本的にアフターピルを服用するのは性交から72時間以内に服用します。
72時間だからと余裕をみるよりも、早めに服用することも大切です。
早く飲めばその分効果も上がるからです。
ではアフターピルを服用することで生理の時期に影響はあるのでしょうか。
結論から言うとアフターピルを服用すると約数日後から3週間以内に生理の症状が現れるとされていますが、この時期には個人差があるのも忘れてはいけません。
特にアフターピルをどのようなタイミング時期に飲んだかで変化します。
それが排卵前なのか、または排卵後なのかにより生理が起きる時期に大きな開きが出てくるのです。
比較的に早い段階で生理の時期が訪れるのは、排卵前にアフターピルを服用した場合になります。
逆に排卵後にアフターピルを服用した場合には、出血がおこる時期に遅れが生じる可能性があります。
時期的に生理予定日が訪れる頃に重ね出血が起きるはずです。
ですから排卵前にアフターピルを服用する場合に比べ、早く生理を望む人には少しばかり不安になるのも事実です。
しかしこれらの出血の時期を把握しておくことでそのような不安も払しょくできます。
また生理直後に服用した場合、次の生理予定日から約1週間くらい過ぎたころに出血が起きる可能性があります。
ですから出血のあるなしにかかわらずどのようなタイミングで自分が飲んだのかをしっかりと覚えておくことも、その後の出血のタイミングの判断に役に立ちます。
しっかりとルールを守り正しく服用することも忘れないようにします。
勝手に飲む量を変えるのではなく、決められた正しい用量を服用し、飲むタイミングを間違わないように気を付けます。