望まぬ妊娠を防ぐアフターピルの構造と使い方

望まない妊娠をしてしまうと、その後の人生に大きな影響が出ることがあります。そのためにも、妊娠を望んでいない時期には避妊する必要があります。しかしながら、コンドームの破れや脱落といった不意に妊娠する危険に見舞われてしまうことがあります。そんなときに緊急で避妊できる方法がアフターピルです。

アフターピルは、避妊に失敗してしまった性行為の後でも効果のある避妊薬です。また、避妊に無意味といわれる膣外写生にも効果があります。アフターピルの構造は、服用することで体内にホルモンが大量に摂取され、それにより体内のホルモンバランスを変化させます。それが子宮内膜を剥離につながり受精卵の着床する確率を下げることができる、というものです。性行為後に服用することで、排卵を抑制したり、遅らせたりして受精することを防ぐことができます。子宮への受精卵着床を阻止し、約80%以上の確率で妊娠を回避します。ただし中絶薬ではないので、着床後に利用しても意味がありませんし、徐々に排卵を抑制する低用量ピルとも異なる薬です。

アフターピルにはいくつか種類があり、使い方と用量を守って服用する必要があります。基本的に、性行為後72時間以内に服用することで高い確率で効果が出ます。日本初の緊急避妊薬として認められたノルレボ錠は、副作用が少ないといわれていますが、初めて利用する人は吐き気や嘔吐、頭痛、腹痛、不正出血といった副作用の症状が出る人がいます。服用後2時間以内に嘔吐してしまった場合は再度服用しなければいけないことがあります。ただし、副作用は24時間以上続くことはないといわれています。体調が良くならない場合は、薬を処方してもらった医師に相談するようにしましょう。